時間も面倒さも微分しよう!!

こんにちは、蒼です。

 

今回は

微積の必要性・使い方

について書いていきます。

 

f:id:ankihata:20170404121057j:plain

必要??

 

あなたは物理で微積を使いますか?

 

学校では先生によって

使えという人と

いらないという人で

意見が分かれます。

 

僕の学校の先生は

使った方がいいと言っていました。

 

しかし、

数学で本格的に微積

学ぶのが時期的に遅いので

なかなか使う人が少ないのが現実です。

 

本当は微積を学んだあとに

物理をやった方がいいのは

分かり切っているのです。

 

なぜかというと、

等加速度運動の式はすべて

運動方程式から導き出されるので

覚える必要がないからです。

 

f:id:ankihata:20170404122413j:plain

例えばどういうの?

 

例えば、等加速度運動のとき

あなたはどうやって

速度と位置の式を出しますか?

 

教科書に載っている公式を

使って出しますか?

 

それも一つの手です。

 

しかし、

その方法だと条件が複雑になったり

したときに計算ミスが多発します。

 

その結果、その問題だけでなく

それに続く問題まで間違えてしまいます。

 

これが模試や試験さらに言うと

受験本番に起きたらあなたは絶望するでしょう。

 

では、例として等加速度運動の

式を微積で求めましょう。

 

次の画像を見てください。

 

f:id:ankihata:20170404173810j:plain

 

物体は時間変化する複雑な力を

加えられながら運動しています。

 

こんな運動でも運動方程式から

加速度をだし、積分していくだけで

速度も位置も簡単に出るのです。

 

更に素晴らしいのが、

加速度は分からないけど

位置だけ分かっているときにも微分

加速度と速度を出すことが出来るのです。

 

この方法を知っているか知らないかでは

公式を覚える面倒さや、思い出す時間や、

計算ミスが減るという差が生まれるのです。

 

f:id:ankihata:20170404174542j:plain

 

今すぐ

 

今回は微積の重要性について書いてきました。

 

初めは面倒に感じたり、意味がないんじゃないかと

感じたりするかもしれません。

 

しかし、

今から問題を解くとき

微積を意識してください。

 

ある日を境に色んな問題に微積が使え

解くのが楽になる方法が見えてきます。

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございます。