読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徹底的に怒られろ!!

こんにちは、秦です。

 

今回は、

学校の授業の受け方

について書いていきます。

 

f:id:ankihata:20170402150111j:plain

 

意味あるの??

 

『学校の授業って意味あるの?』

『だるくね?』

『授業つまらな!!』

 

あなたはこんなこと感じませんか?

 

僕はこんな事ばっかり考えていました。

 

実際学校の授業は教科書にのっとった

事しかできないので、

他の受験生との差別化を

図ることが出来ません。

 

今回の記事を読めば

そんな学校の授業が楽しく

有意義に受けることが出来ます。

 

読まなかった場合は、残念ながら

時間を無駄にし、出来る事も

出来なくなる可能性が高くなります。

 

f:id:ankihata:20170402153131p:plain

 

何していますか?

 

あなたは授業中何していますか?

 

まじめにノートをとっていますか?

居眠りをしていますか?

スマホをいじっていますか?

 

どれも場合によっては

自分のためになります。

 

しかし、

本当にそれが正しいのか

考えたことありますか?

 

僕は現役時代考えもしませんでした。

 

ノートをとることに必死だし、

そのノートは見返さないし、

 

いつまでたっても出来るように

ならないのは当たり前でした。

 

しかし、

予備校に来てからは違いました。

 

 

 

f:id:ankihata:20170402150430j:plain

 

アドバイス

 

 

予備校の時の友達に

言われた言葉があります。

 

『授業をまじめに

受ける奴はバカだ』

 

『は?どういうこと?』

『お前、馬鹿なの?』

『授業受けないでどうすんねん!?』

 

そんな風に思いました。

 

しかし、

友達の言いたいことはこうでした。

 

『常に自分に必要のあるものだけをやれ』

 

例えば、

 

「ノートを取らずに話を集中して聞く」

「ノートが必要ならノートに先生のいう事を

一言の漏れもなく書き、授業後に見直し補足する」

「授業とは全く違う問題集をやる」

 

『そんなことしてていいのか!?』

と思うのではないですか?

 

いいのです!!

大学に受かるためなら

手段を選ばないでください!

 

自分に必要もないことをすることほど

無駄なことはありません。

 

今自分がすべきこと、

やった方が受験に役立つことを

徹底的にやってください!

 

f:id:ankihata:20170402154845j:plain

 

怒られる!!

 

おそらく学校によっては

先生に怒られると思います。

 

その怒られる時間さえ惜しいので、

なるべく見つからないようにやってください。

 

もし、

見つかってしまったら素直に謝って、

怒られている時間を短くしてください。

 

では、

次から受ける授業では

自分の大学受験に必要な事を

こっそりやっていきましょう。

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございます。