その友達で大丈夫ですか?

こんにちは、蒼です。

 

今回は、成長の極意について

書いていきます。

 

f:id:ankihata:20170401155252j:plain

友達はいますか?

 

友達といると楽しいですか?

 

『当たり前だろ』

と言われそうです。

 

おそらく、親しすぎる人なら

他の人と一緒にいるより楽だと

思うはずです。

 

学校で遊ぶ友達、放課後遊ぶ友達、

部活の友達、ご飯を一緒に食べる友達、

あなたには色んな友達がいると思います。

 

僕も高校時代そんな友達はたくさんいました。

 

しかし、受験勉強の時期になると

その友達もあなたも勉強を必死にします。

 

その時、一緒に勉強する友達ができると

思います。

 

僕も友達と一緒に勉強していました。

 

しかし

 

友達は私立志望が多く先にどんどん

受かっていきました。

 

一人二人は国立志望で

残っていました。

 

ただ、

この時、問題が起きたのです。

 

f:id:ankihata:20170316095935j:plain

 

問題発生

 

受かってしまった友達は

僕を遊びに誘ってくるのです。

 

当然

初めは断りました。

 

しかし、だんだん誘惑に負けるようになり

一緒に遊びに行くようになってしまいました。

 

これだけならまだ自分の気持ちを

引き締めれば何とかなります。

 

しかし、物理の勉強中でした。

分からないことがあり友達に

質問しました。

 

その時の返答は

『分からん』

でした。

 

僕は友達に質問する前に

先生に質問していました。

 

しかし、理解できませんでした。

いつも授業してくれていても分からないのに

この時だけわかるはずないのです。

 

その時頼りになるのが同じ目線で、

同じような悩みを持つ友達です。

 

しかし、

その頼みの綱も切れました。

 

現役時代僕は一人絶望しながら

必死に勉強しましたが、受かりませんでした。

 

f:id:ankihata:20170321231451p:plain

 

予備校では

 

僕はこのことを教訓にして、

予備校では自分より頭のいい人と

友達になりました。

 

周りの人が出来る事が自分には出来ないのは

とても苦しかったです。

 

しかし、

 

分からないことを聞くと

的確に分かりやすく答えが返ってくるのです。

 

求めた答えが返って来るとき

とても嬉しかったです。

 

更に、

みんな自身の向上を目的にし、

一緒に高みを目指しているのです。

 

苦しいけど、楽しかったです。

 

f:id:ankihata:20170401194039j:plain

 

教訓

 

この教訓は至るとこで言えることで、

あなたがレベルアップしたいなら

取り入れるべきです。

 

周りの環境を自分よりレベルの高い人で

満たし、一緒にいて苦しい・居ずらい

環境を作ることで自分の基準を上げる

事が出来るのです。

 

そして、環境を最大限に利用し質問や

観察を続けることで、

あなたのレベルは飛躍的に上がります。

 

f:id:ankihata:20170326161406j:plain

 

今ならまだ間に合う

 

今レベルアップに悩んでいる人は

すぐにでも自分よりできる人と

友達になってください。

 

環境が人を変えますが、

環境を変えるのはあなたです。

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございます。