読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◯◯一つで多くの問題が簡単に解ける!!

こんにちは、秦です。

 

今回は前回に引き続き、

円運動の話と、単振動の必勝法

について書いていきます。

 

まず、

前回の例題の答え合わせをしましょう。

 

解答

f:id:ankihata:20170326191828j:plain

 

前回の記事を読んでいない方は、

下のリンクから読んできてください。

 


それでは、本題に入りたいと思います。

 

f:id:ankihata:20170326161406j:plain

 

コレさえ出来れば!!

 

以前単振動で覚えておくべき

公式を一つ紹介したと思います。

 

f:id:ankihata:20170325163926j:plain

 

以前の記事を見ていない方は

下のリンクから見てきてください。

 


なぜあの式を覚えて欲しいかと言うと、

いずれ紹介する

高校じゃ教わらない必勝法に

繋がるからです。

 

また、この式により

座標がいくら複雑に設定されようと、

角振動数や周期を簡単に求める事が

出来るからです。

 

なので、

『あれ?どの公式使うんだっけ?』とか

『どうやって解いたっけ?』とか

ならずに済むのです。

 

さらに、

計算量も減るので

計算ミスも減ります。

 

いいこと尽くしですね

 

 

では、

この公式がなかったら

あんなたは次の問題を

どうやって解きますか?

 

今すぐノートとペンをもって

解いてみましょう。

 

f:id:ankihata:20170326213447j:plain

 

 

 

どうですか?

解けましたか?

 

分からない人にヒントです。

 

時刻 t の時の x 座標を x と置いて、

どれだけばねが縮んでいるかを調べ、

運動方程式を立てていきます。

 

出来ましたか?

 

では解答を貼ります。

 

f:id:ankihata:20170326220303j:plain

 

合ってましたか?

 

この式を使うことにより

こうして簡単に ω が求まるので、

周期も簡単に出ますね。

 

今回はここまでなのですが、

次回は単振動のもう少し難しい部分に

踏み込んだ話をします。

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございます。