脳みそがなくなる!?

こんにちは、蒼です。

 

今日書いていく内容は

公式を覚えるより

理論の大切さについて

書いていきます。

 

公式を覚えることは脳みそを削り

点数を削っているのと同じある。

 

こう聞くとなんで公式を覚えちゃいけないんだ

と思われると思います。

 

あなたに質問ですが、

なぜ公式を覚えてるんですか?

 

もちろん、問題を解くためです。

 

では、

イメージしてください。

 

あなたは入試本番で問題を解いています。

 

初めの小問は公式を覚えたことにより

難なく解くことが出来ます。

 

いづれ大問がが出てきます。

あなたはこの問題はどの公式に当てはまるのか

どうやって式変形するのかを考えます。

 

いくつかはそれで解くことが出来ます。

 

しかし

 

あなたの見たことない問題は

どの公式に当てはめたらいいか分かりません。

 

その時あなたはどうしますか?

こんなのみんなできないよ

と思い諦めますか?

 

あなたはその問題を落としたせいで、

入試も失敗します。

 

入試問題とは大学の教授が作ります。

もちろんあなたの使っている

教科書を見て作っている教授はいません。

 

教授は理論的思考から問題を作ります。

教授は公式から問題は作りません。

 

なので公式を覚えただけで

理論を勉強しないと解けないのです。

 

f:id:ankihata:20170313194039j:plain

 

では、どうしたらいのか?

 

実は教科書にその秘密のかけらが

書かれています。

 

等加速運動の速度の式はどうなってますか?

(初速度v加速度a)

 

答えは V=1/2(at)+v

 

もちろん答えられるはずです。

では、この式の成り立ち・意味は何ですか?

 

そう、あなたの考えたとおり

グラフに落とすのもありです。

または積分をした人もいるでしょう。

 

これらのことは教科書にも書いてあります。

 

もし、あなたが等加速度運動の式を

忘れても理論や成り立ちが分かっていれば

すぐに問題は解けるでしょう。

 

今回は簡単な問題でしたが、

これが入試問題のような難しい問題でも

同じことが成り立ちます。

 

公式を知らなかったり、

解いたことのない問題が出ても

落ち着いて理論を追うことで、

どんな問題も解くことができます。

 

早速教科書を開いて下さい。

そして公式の成り立ち、理論を熟読して

公式の意味を知りましょう。

 

といっても開かないでしょう。

では、今回の課題は波の式である

v=fλ

の意味について考えてください。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。